このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 メリットばかりではないことに注意!安易な債務整理は禁物

メリットばかりではないことに注意!安易な債務整理は禁物

38view

2018.04.04

借金問題は早めに対処しないと厄介

悩んでいても借金は減らない

借金をした場合、きちんと返さなければならないのは当然です。しかし、さまざまな事情で返済が滞ってしまうこともあります。必死に返済しようとしても返済しきれない場合、悩んでいても意味がありません。お金が入ってくる見込みがなければ、どれだけ頑張っても返済することは不可能です。

少しでも早い段階で、正しい対処をしましょう。借金返済の方法は複数ありますが、一般の人に思いつく方法は限られています。どのような方法があるのかを調べてみるのは有意義なことですが、適切な方法が分からないときは、専門家を頼る必要があります。

時間が経てば経つほど返済は困難

返さなければならないのは、借りた分だけではありません。契約内容に基づいて、利息の支払いもしなければならないのです。利息は時間の経過とともに増えていくため、時間が経てば経つほど借金返済は難しくなっていきます。早めに対処すればスムーズに返済できるケースもあるので、悩んでいる時間は非常にもったいないです。

支払うべき利息を計算するのは、一般の人にとっては難しい作業だといえます。専門家に相談すれば利息の計算などもやってもらうことができるので、自分でやろうとせず、とにかく相談してみることがおすすめです。

専門家を頼って大損を回避

責任感の強い人の場合、自分の問題は自分で何とかしようと思うため、業者との交渉をしてしまうことがあります。しかし、業者の方が豊富な知識を持っているため、たいていの場合は業者のペースで交渉が進むことになるのです。

こうなると、不利な条件での返済を強いられることになってしまいます。専門家に交渉を任せることが、借金返済をスムーズに進めるためのコツです。責任感を持つことは重要ですが、全ての手続きを自分でやる必要はありません。

隠れたデメリットに注意

冷静に判断しないと大変

専門家に相談すると、債務整理の手続きを進めることができます。ただし、債務整理をすれば全ての問題が解決すると思ってしまうと、後になって大変な思いをすることが多いです。お金を返せないことで焦る気持ちが出てくるのは仕方ないのですが、冷静に判断することが求められます。

まず、債務整理と一口に言っても、実は複数の種類があることに注意が必要です。状況によって、取るべき手続きは変わってきます。適切な方法を選ぶことで、借金問題を解決しやすくなるのです。

裁判所が関与する安心感

債務整理の1つに、個人再生という方法があります。少しでも安心したいという人は、個人再生を選ぶのがコツです。個人再生には、裁判所が関与するという特徴があります。また、所定の条件を満たす必要はあるものの、住宅を手放す必要がありません。

落ち着いた気持ちで借金問題に取り組みたいなら、個人再生が適しているといえるわけです。ただし、細かい条件を自分で理解するのは困難なので、個人再生で成功するコツは、早めに専門家を頼ることです。

意外と厄介なデメリット

個人再生は、裁判所が関与することで安心感を得られるメリットがあるのですが、対象となるのは全ての債務なので、たとえばクレジットカードが作れないというデメリットがあります。クレジットカードと借金に何の関係があるのか、と思う人もいますが、クレジットカードは代金を後払いにするシステムなので、借金として扱われるのです。

したがって、クレジットカードを頻繁に使いたい人にとっては、クレジットカードが作れなくなる個人再生には大きなデメリットがあることになります。また、無事に借金問題が解決したとしても簡単には作れません。債務整理の手続きをするときは、メリットとデメリットをよく比較しなければなりません。少しでも気になる点は、専門家に細かく質問することが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

成長因子 育毛