このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 クレジットカードの利用が原因で債務整理を繰り返さない為の注意点

クレジットカードの利用が原因で債務整理を繰り返さない為の注意点

38view

2018.01.16

クレジットカードが原因の債務整理が急増中

クレジットカードが原因の債務整理が急増しています。

これまではキャッシングなど借り入れを重ねたことによる多重債務が原因で債務整理に追い込まれることが多かったのですが、近年は若者を中心にクレジットカードが主原因の債務整理が目立っています。

クレジットカードはキャッシュレスで使える便利な決済手段ですが本質的には借金です。利用できるシーンが広がっているからこそ、クレジットカードの利用には一層の慎重さが求められています。

なぜクレジットカードで債務整理に追い込まれるのか

クレジットカードで債務整理に追い込まれるまで借金を重ねてしまう一番の理由は「便利さ」です。クレジットカードを使ってのショッピングはキャッシングやカードローンとは違い、直接現金を借り入れているわけではありません。

見かけ上は決済日と支払日にズレが生じているだけなので借金をしているという意識が薄く、現金を手にすることもないため、お金を借りているという実感が生まれにくいのです。

キャッシングで現金を手にすると借りているお金の重みが実感できますし、返済日に現金を支払うことで毎月の返済負担をリアルに感じられます。

クレジットカードの利用ではそのような現金の重みや大切さを実感しにくいため、金額がかさんで返済が苦しくなってきても利用をやめられず、使いすぎが重なって返済できないまでに追い込まれてしまい、債務整理するハメになってしまうのです。

意志の強弱は問題ではない

クレジットカードで債務整理するまで追い込まれるのは意志が弱いからだ、という声を耳にしますがそれは間違いです。どんなに意志が強い人でも、ちょっとしたきっかけでクレジットカードを使いすぎてしまうリスクは常につきまとっています。

意志が弱いほど安易に借金を重ねてしまうのは事実ですが、意志が強ければ借金に苦しむことはない、という単純な話ではありません。クレジットカードを利用する限り借金のリスクや債務整理の危険性はだれにでもつきまといます。大切なのは意思を強く持つことではなく、リスクを理解した上で正しい使い方を身につけることです。

クレジットカードの使いすぎを防ぐコツ

利用明細は必ずチェック

クレジットカードの利用者には決済内容と金額が記載された利用明細が毎月必ず届けられます。最近は郵送ではなくウェブ上の専用ページやメールで利用明細が届くこともありますが、重要性は同じです。

利用明細にはカードをいつどこでどれだけの金額を使ったのか、その全てが記載されています。コンビニの買い物など、ちょっとした支払いでもクレジットカードで決済していると利用明細が膨大になるため、見るのを面倒がる人もいますが、利用明細は必ずチェックしましょう。

明細をチェックすることで毎月の利用金額や返済額、分割払いやリボ払いの利息や残額などがはっきりと分かります。クレジットカードが原因で債務整理に追い込まれる人の多くは、自分がカードをどれだけ使っていたのかをきちんと把握できていません。カードの入出金額を正確に把握せずに安易に使い続けていれば、いつか破綻するのは当然です。

利用明細をチェックするのはカードの利用履歴を管理するだけでなく、どれだけの負債を背負っているのか、どれだけむだ使いをしているのかを自覚するという大切な役割があるのです。

ボーナス払いを使わない

ボーナスを利用して後払いで決済するボーナス払いは、ほしい物をボーナス前に購入できる便利なシステムです。しかし、クレジットカードの使いすぎを防ぎたいのなら、ボーナス払いは利用すべきではありません。

ボーナス払いは単に支払いを後回しにしているだけなのですが、人間の心理としてほしいものを先に手に入れてしまうと、どうしても支払いに対する意識が薄れてしまうものです。ボーナス払いには金利は発生しませんが、計画的な支出管理の観点から見ると健全とはいえず、特に衝動買いする傾向が見られる方はボーナス払いをあてにして浪費する可能性が高くなってしまいます。

経済的な不透明感が拭えない中、会社の業績が悪化してボーナスが減額されれば返済計画は破綻してしまいます。ギリギリの返済を続けている状況でボーナス払いが破綻すれば債務整理まっしぐらです。安定した利用と返済を続け、クレジットカードを健全に使いたいのならボーナス払いは使わないほうがいいでしょう。

クレジットカードの返済が苦しくなってしまったら

クレジットカードの使いすぎに注意していても、返済が苦しくなってしまう可能性はあります。給料の減額やボーナスのカットといった理由以外にも、突然の病気や事故が原因で予定していた通りの返済ができなくなれば、あっという間に追い込まれてしまいます。クレジットカードの返済が追いつかず苦しくなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

債務整理という最終手段

クレジットカードの返済が苦しくなり、どうしても首が回らなくなってしまったら債務整理せざるを得ません。債務整理は返済が苦しくなった借金を見直す手続きであり、クレジットカードの破たんに対しても有効な方法です。

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つの手続きがありますが、クレジットカードが原因の場合は任意整理か自己破産を選ぶのが一般的です。個人再生はマイホームを守りながら債務整理したいケースなどで用いられる限定的な方法です。

返済見込みがあるなら任意整理

クレジットカードによる借金が少額で、負担を減らせば返済見込みがある場合は任意整理による手続きが一般的です。任意整理は債権者と債務者の任意の話し合いによる合意をもって成立する債務整理手続きで、将来利息のカットや期限の見直しなどの負担軽減措置はあるものの、返済を続けて借金完済をめざすことを基本とします。

債権者にとっては将来利息の放棄などデメリットはあるものの、借金の元本に関しては返済されるため、合意が成立する可能性は高く、クレジットカード会社との債務整理においても任意整理による解決がファーストチョイスになります。

クレジットカードの任意整理では返済期限の見直しが有効な手段です。ショッピング枠に関しては、翌月一回払いを分割払い契約にして返済負担を軽減し、完済をめざす解決案であれば合意が得られる可能性は高く、最小限のリスクで債務整理が成立します。リボ払いを通常の分割払いに再設定して利息負担を軽減する方法も広く採用されています。

完済不能なら自己破産

クレジットカードの債務を完済する見込みがない場合は自己破産による解決を目指すのが一般的です。自己破産は手続きが成立した時点ですべての債務が帳消しになる債務整理であり、最も強力な方法です。借金が高額であっても自己破産が成立すれば借金から解き放たれ、新しい人生をスタートさせられるでしょう。

注意点としては、浪費による借金に関しては自己破産の対象外となることです。クレジットカードで抱えた負債の理由が、買い物のし過ぎだったり飲食費の使いすぎだったりなど、浪費とみなされる場合は自己破産が認められません。

その場合は任意整理などその他の手段で債務整理をめざすことになります。生活費や医療費の支払いなど浪費以外の目的でクレジットカードを利用していたのであれば、自己破産が成立する可能性はあります。

クレジットカードが原因で債務整理を繰り返さないために

債務整理が成立すると全てのクレジットカードが使えなくなり、新規発行も不可能になります。ブラックリストから情報が消去される5年間はクレジットカードを使えない状態となりますが、5年を過ぎれば新たにクレジットカードを作れるようになります。

注意しなければいけないのは、再びクレジットカードを使いすぎて債務整理に追い込まれないことです。せっかく債務整理でやり直すきっかけがつかめたのに、再び債務整理を繰り返しては元も子もありません。

一番簡単な方法はクレジットカードを作らないことですが、どうしてもカードを持つのであれば限度額を引き下げておきましょう。限度額が低ければ自然と利用金額がおさえられるので、使いすぎを防ぐことができ、債務整理を繰り返さずに済むでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

成長因子 育毛