このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 債務整理は弱者の味方!法律の力で借金を完済できる!

債務整理は弱者の味方!法律の力で借金を完済できる!

45view

2018.04.04

借金返済のコツは債務整理を使うこと

効率的に借金返済を行うためのコツは、司法の力を借りて借金の総額を減らすことです。特に、現状で既に借金返済を実現することができない人は、債務整理という手段を利用して現状の借金の状況を改善することが返済のコツです。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

債務整理は、上記4つの法律的な手段を総称した救済的な手続きを指しています。お金を借りる契約を締結すると、お金を借りる人は債務者、お金を貸す人は債権者という立場で契約を履行する義務が生じます。お金を借りた債務者は、お金の返済を求める債権者に対して契約に基づいた金銭を利息を付けて返済していかなくてはいけません。

本来は、こうした契約を一方的に破棄することはできません。しかし、債務整理は債権者側の借金の返済を要求する権利に制限を付けて、債務者が借金を返済しやすい状況を作ってくれます。任意整理、特定調停、個人再生の3つはその傾向が強く、特に個人再生に関しては強制的に債権者の債権を奪うことができます。

奪うというのは誇張した表現ではなく、文字通り借金の総額を強制的に減額するように裁判所に求めることができるのです。司法の長である裁判所が債務者側の個人再生の要求を認めると、債権者はその要求に従わなくてはいけません。この場合、債務者は減額された債務のみを返済すれば借金を全額返済したことになりますので、非常に有利な状況で債務を履行できます。

一方で、こうした借金減額すら行わなくても良い手続きが自己破産です。自己破産に関しては、債務の契約そのものをなかったことにするため、債務の履行すら必要ありません。つまり、自己破産さえ通ればその時点で借金の返済義務は消えます。

債務整理は、債務者の借金の状況によって適した手段が異なります。ですから、効率的に返済するためのコツとしてはまず上記4つのうちでどれが最適なのかを確認することが大切です。

生活に影響が出るデメリットはない

債務整理の利用に関して知っておかなくてはいけないのは、利用することで生じるデメリットです。ただ、債務整理のデメリットは借金返済の減額や免責によって生じるメリットと比較すると小さなものです。日常生活に支障がないものが多いので、安心して利用することができます。

例えば、日常生活に支障の出る具体的なデメリットとしてはクレジットカードの使用不可が挙げられます。クレジットカードは、金融機関の融資の契約と同様に消費者の信用性を担保に作成されるものです。そのため、消費者の信用性に傷がついてしまうと作成することができなくなります。

債務整理を行うと、その手続きが行われた事実が各金融機関にも知られることになりますので、クレジットカードを提供している会社はその使用許可を引き下げることになります。つまり、クレジットカードを所持していたとしても使用ができなくなるのです。

しかし、クレジットカードの使用不可は期間限定の制限で、債務整理の情報が抹消される期間は手続きによってかなり異なります。平均すると5年程度の期間で済みますが、場合によっては10年近く作ることができないこともあります。どちらにしても、クレジットカードの制限に関しては時間が解決してくれます。

誤解をしてはならないのは、債務整理に関する制限はそれほどきつくないということです。仮に、クレジットカードが作れなくなったとしても金融機関で口座などを作ることは禁止されていません。債務整理は債務者を罰する法律ではないので、日常生活に支障が生じる制限を行うことは絶対にありません。

債務整理の法律的な立ち位置は、債務者を借金の苦しみからか救うことにあります。債務整理の4つの全ての手段が、この前提に立っていることを忘れないようにしておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

成長因子 育毛