このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 債務整理をするならこれ!任意整理のメリットとデメリット

債務整理をするならこれ!任意整理のメリットとデメリット

76view

2018.01.16

債務整理の種類と任意整理の違い

任意整理

任意整理は自分の借金額を減額する方法として用いられます。借金を減額したり利息をカットしたあとで、支払い計画について話し合います。和解によって借金を数年間の返済計画を立てて返済する代わりに、利息をなくすことで確実に借金の返済をすることができます。

基本的には弁護士や司法書士が本人に代わって貸金業者と話し合い、返済計画を提案して和解をすることになります。任意整理では借金の返済はなくなりませんが、今までよりも毎月の返済額が少なくなるので、返済も楽になることが多いです。

また弁護士報酬を支払うことになりますが、利息をカットした分を考えると、弁護士費用を支払っても返済額は少なくなるメリットがあります。任意整理とは債務整理の一種であり、計画的に無理のない額での返済をすることが可能となります。

個人再生と自己破産

債務整理は任意整理以外にも、個人再生と自己破産があります。個人再生には住宅や車を手放したくない人が行うもので、住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことができます。具体的には借金額の5分の1もしくは100万円を原則3年間で返済することになります。

自己破産は任意整理や個人再生でも返済をすることが難しい人で、自己破産をすることで税金以外の借金の支払い義務がなくなります。つまり個人では返済不能な借金を背負っても、自己破産をすることで新たなスタートを切るチャンスを得ることができるのです。自己破産は最終手段として考える債務整理の方法といえます。

任意整理のメリット

任意整理をしたことは周囲にバレない

周りの人に自分が任意整理をしているとバレないのは、メリットのひとつといえます。自分が貸金業者から借金をしていることや、借金の返済ができないほどお金に困っているなど、周囲の人には知られたくありませんよね。家族や会社の人に知られてしまうと、今までと同じように生活しにくくなるので、何とか周囲の人にバレずに返済したいと思います。

任意整理は弁護士に依頼して行うことが一般的なので、基本的に自分ではほとんど何もすることがありません。また連絡も事務所に数度行くか、もしくはメールでやり取りをするだけです。必要書類は任意の場所に送ってもらうことができます。

また返済が始まれば完済するまでやり取りもなく、毎月自分がきっちり返済するだけで終わりです。初めに数回弁護士とやり取りをするだけで任意整理ができるので、周囲の人にもバレることはありません。

支払い義務が一時的にストップする

毎月の返済に困ってしまったことがきっかけで、任意整理をしようと決意する人も多いです。貸金業者から借金をすると、毎月返済日までにきっちり返さなければなりません。その返済に困ってしまうことで弁護士に相談をして、任意整理をすることをすすめられるケースも多いです。

任意整理をすることによって、一時的に支払い義務をストップさせることができます。これは自分の代わりに弁護士が貸金業者と話し合うことによって、和解をして新たな返済計画を立てるからです。

そのあいだは貸金業者への返済がストップするので、支払いに困った人にとっては非常に助かります。先に弁護士へ着手金を支払うことになりますが、分割でも応じてもらえるので安心です。

和解の内容によって変わりますが、貸金業者への支払い開始は3ヶ月ほど先に延ばすことができます。そのあいだに少し貯金をすることもできるので、生活にも少し余裕が出ます。

利息をカットできる

任意整理をする大きなメリットとして、将来の利息をカットすることができます。借金を毎月分割で少しずつ返済しても、利息を支払うのでなかなか元金を減らすことができません。そのため利息を支払い続けることでなかなか借金の総額が減りにくいので、何年も返済を続けることになります。

しかし任意整理をすることで利息をカットできるため、確実に元金を減らすことができるのです。返済計画は5年間のあいだに自分が支払える金額での返済ができますし、利息もないので5年間で少額ずつ返済することも可能です。もちろん返済をしながら自分で貯金をすることもできるので、借金を確実に減らしながら生活にも余裕が出てきます。

職業制限がない

任意整理は仕事によってもメリットがあります。もしも自己破産をしてしまえば、警備員・弁護士・税理士などの職業に就くことが制限されてしまいますが、任意整理であれば職業制限も資格制限もないので、どんな職業でも就くことはできます。仕事も自由に選べて周囲の人にバレないので、借金の返済をしながら普通の生活を送りやすいといえます。

任意整理のデメリット

クレジットカードの使用ができない

任意整理をすることによってデメリットも生じますが、いわゆるブラックリストに載ることによって、クレジットカードを作ることができなくなります。新たにクレジットカードを作ることはできませんし、現在使っているクレジットカードは、更新期間か会社の規定によって急に使えなくなってしまいます。

明確には決まっていませんが、約7年間はクレジットカードを作ることができないと思っていいでしょう。しかし買い物をするときには現金で買えばいいので、クレジットカードを持たないで生活することに慣れれば不便も感じません。クレジットカードは後払い方式なので、借金と同じという意味から利用できなくなってしまいます。

ローンを組めなくなる

借金の返済に困って任意整理をしたのに、大きな買い物をローンで組むことは当然できません。支払いに困っているから任意整理をしたので、新たにローンを組んで買い物をしても、また同じように支払いに困る可能性があるからです。ローンを組むときも個人の信用情報をチェックするので、クレジットカード同様に審査が通らなくなるデメリットがあります。

借金がなくなるわけではない

任意整理をすることは借金を返したい気持ちはあるが、支払いをするのが困難な人が行う債務整理の方法です。つまり借金がなくなるわけではなく、貸金業者と話し合って利息をなくす代わりに元金を返済するという約束をすることです。

そのため利息分の返済を減らすことはできますが、借金自体はなくならないので、返済能力がなければ任意整理をすることはできません。返済計画も確実に返済できる金額での和解を条件としているので、ここで返済が滞ってしまうと非常にまずい状況になる可能性もあるので注意しなければなりません。

任意整理後の生活

無理のない返済計画が立てられる

任意整理をすることはメリットやデメリットがありますが、結果的にはメリットの方が多いといえます。利息もなく確実に借金額を減らすことができるので、借金生活から抜け出すきっかけを作ることができます。

借金は自分で借りたお金なので、返済する義務は当然あります。そのためしっかりと返済計画を立てることで、はじめは不便な生活でもだんだんと慣れてきます。お金の使い方に慣れることによって、借金を完済したあとも安定した生活を送ることができるようになります。毎月返済に追われていた生活から、無理のない返済額になることによって、生活にも余裕が出てきます。

新たな借金を作らなくて済む

任意整理をすることによって新たな借金を作ることができなくなるので、確実に借金を減らすことができます。今まで返済をするために新たな借金を繰り返してきたり、自分の甘さから借金をし続けてきた人にとっては大切なことです。

借金生活から抜け出すきっかけを作ることができるので、まずは完済を目指して自信を持つことが大切です。身の丈に合った生活を心がけることによって、安定した生活を送ることができるようになります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

成長因子 育毛