このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 債務整理はリスクも重要!債務整理のメリットとデメリットまとめ!

債務整理はリスクも重要!債務整理のメリットとデメリットまとめ!

31view

2018.01.16

債務整理の基本的な考え方

債務整理はリスクがある

債務整理の基本的な考え方として、まず基本的には計画的に返済をすることが前提ということです。自分の責任でお金を借りたのに、返済が難しくなったら債務整理をすれば返済しなくていいのであれば、真面目に返済している人からすれば不公平です。債務整理にも何かしらのリスクがなければ、誰もがしようとするでしょう。

債務整理には3種類の方法がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。借金に悩まされている人は、メリットがあるからこそ債務整理をします。しかしメリットばかりでデメリットがなければ、誰もが安易にお金を借りて債務整理をするようになってしまいます。

債務整理をする時にはしっかりとデメリットもあることを知って、自分にとって最善な借金の返済手段を考えることが大切です。

借金を作らない体質に変える努力が必要

債務整理をする時の考え方として、単純に借金をなくすことだけが目的ではありません。自己破産をして借金がなくなったとしても、お金の使い方を考えておかなければ、また数年後に同じように借金を繰り返してしまいます。

せっかく債務整理をして再出発できたのに、数年後にはまた債務整理をすることになるでしょう。借金をしないよう体質を変えなければ、借金生活を繰り返すことになります。
債務整理にはいくつかの種類があるので、その人に合った債務整理を行うことが大切です。

返済計画を立てることで生活環境を改善できるので、借金を作らないような生活が体に身についていきます。債務整理は単純に借金をなくすだけが目的ではなく、借金体質を改善させることも目的としているのです。

将来に希望が持てる

何年も借金の返済を続けていると、いつまでも借金が減らないことに対して将来に希望が持てなくなってしまいます。毎月借金の返済をしていても、返済日にギリギリの返済額だとほとんど利息分だけしか返済できません。元金を減らすことができないので、なかなか借金を完済することができません。終わりの見えない返済に対して、だんだんと希望を失ってしまいます。

そこで債務整理を行うことによって、借金の悩みを解消できるチャンスが出てきます。「任意整理」では最長5年を目安にして、返済を目指すことができます。「個人再生」も原則3年の返済期間となりますが、少し頑張って返済を続ければ借金を完済することができるでしょう。

債務整理をする前には将来に希望が持てなかったのに、債務整理をすることによって将来に希望を持つことができるようになるのです。

任意整理とは

メリット

債務整理の中でも利用しやすいのが「任意整理」です。任意整理には2つの大きなメリットがあります。
ひとつめは、将来の利息が免除されることです。本来であれば元金に対して利息が発生しますが、貸金業者からの借り入れの多くはリボ払いでの支払いになります。そのため利息は払えても元金まで払うことができないとなれば、借金の完済まで長引いてしまいます。

任意整理をすることで利息を免除できれば、元金の支払いをすることができるので、完済までの期間が早まります。

ふたつめのメリットは、自分の支払い能力に応じて無理のない返済計画を立てられることです。任意整理では5年を目安にして返済ができるので、元金だけを返済する返済計画を立てることができます。

利息もつかないので毎月の返済額を少なくすれば、借金の返済をしながらも安定した生活を送ることができるようになります。確実に元金を減らすことができるので、将来の人生設計もしやすくなります。

デメリット

任意整理をすることによって個人の信用がなくなるので、ブラックリストに載るというデメリットがあります。
実際にはブラックリストというのは存在しませんが、任意整理をすることによって5年間はクレジットカードを作ることができなくなります。

新規のローンやブラックリストに関しての審査基準は明確に決まっている訳ではありません。しかし5年はほぼ確実に信用を失っている状態なので、クレジットカードを作ろうとしても難しいでしょう。

当然ながら任意整理をした時点で、持っているクレジットカードは停止されてしまうので注意しましょう。新規のクレジットカードやローンを組むことができないので、現金で堅実な生活を送るしかありません。

個人再生とは

メリット

「個人再生」は、裁判所に対して再生計画を提出し、認可されると借金が5分の1程度に減額されます。これだけでも大きなメリットですが、住宅を持っている人は、個人再生をしても家を手放さなくて済むというメリットもあります。

基本的には3年間で支払いを行いますが、大きな借金を減額してもらったにも関わらず住宅を手放さなくていいので、生活の拠点を失うことはありません。

借金の減額の目安としては、個人再生では5,000万円まで可能となっています。借金が5分の1となるのは1,500万円までの人ですが、1,000万円の借金があったとすれば大幅な減額になるので大きなメリットといえます。

ちなみに1,500万円から3,000万円の借金がある人は、300万円は返済しなければなりません。3,000万円から5,000万円になると1割の返済となりますが、借金額が大きいほど大幅な減額となります。 住宅を手放さずに大幅な減額ができれば、メリットも大きいといえます。

デメリット

個人再生のデメリットは、返済可能な収入がなければできないということです。

借金の総額のうち、住宅ローンは借金に含まれないので、減額されることはありません。そのため住宅ローンとは別で、借金を原則3年間で返済しなければならないのです。もちろん個人再生をすれば信用を失うことになるので、10年近くは借り入れができないブラックリストとなります。

また個人再生をすると、国が発行する機関誌の官報に掲載されてしまいます。できれば誰にも知られたくないとは思いますが、これは誰でも見られるものですので、知られてしまうかもしれないというデメリットがあります。

自己破産とは

メリット

「自己破産」をすることのメリットは、すべての借金の支払い義務を免除することができることです。多額の借金を背負ってしまっても、自己破産をすれば返済義務がなくなるので、新たな人生をやり直すことができます。

財産もなくなるので文字通りゼロからの再スタートとなりますが、借金に悩まされていた時に比べれば、希望も見えてくるはずです。借金の返済に悩まされていると人生を諦めてしまうこともありますし、返済不能にまで追い込まれてしまうとどうすることもできなくなります。

自己破産によって借金の悩みが一気に解消されることによって、借金苦で悩んでいた人にとっては大きなメリットといえます。

デメリット

自己破産は債務整理の中でも最終手段として行う方法で、借金の支払い義務がなくなるものです。しかし浪費やギャンブルに対しての借金は、基本的に自己破産が認められません。自己破産して信用を失うことによって、10年ほどは新たなローンが組めなくなるので注意しましょう。

特に収入が多い人ほど多額の借金を背負いやすいので、自己破産をしたとしても浪費癖はなかなか直せません。生活レベルを極端に下げなければいけませんが、これがなかなか難しいようです。自己破産をした人が、数年後にまたお金に困ってしまうというのはよくあることですので、お金の価値観や生活レベルについては、自分で意識して改善しなければなりません。

また自己破産をすれば官報に名前が載り、弁護士や警備員などの職にも就けない期間ができるので注意が必要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

成長因子 育毛