このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 債務整理後にクレジットカードの代わりにデビットカードを持つ利点

債務整理後にクレジットカードの代わりにデビットカードを持つ利点

60view

2018.01.16

そもそも債務整理を行うことの意味は?

債務整理というキーワードを耳にすると「多重債務者の最後の手段」というイメージをもたれる方が少なくないかもしれません。しかし、債務整理は「過払い金請求」、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」などの4つに大別され、完済後に行われることの多い過払い金請求や、最終手段ともいえる自己破産以外は、「法的手続きを伴う効率的な返済計画」といえるものです。

過払い金請求とは?

消費者金融業者からの借金に対する利息が高すぎた場合、債務整理として過払い金請求を行うことで過払い金を取り戻せる場合があります。

過払い金請求は裁判所などを通すことなく交渉手続きが行えるので、誰にも知られることなく手続きできる点や、信用情報機関への影響もないことなどから注目されています。しかし、弁護士などの専門家に依頼しないと交渉に時間がかかることや、2度とその金融業者から借金ができなくなる可能性が高くなるといったデメリットも併せ持っています。

任意整理とは?

借金返済時の利息の見直しや延滞損害金の免責を求める交渉を行います。

消費者金融業者との折り合いが付かずに交渉が決裂する場合もありますし、交渉成立の場合でも金融事故として扱われるので、信用情報機関の金融事故者情報リスト(ブラックリスト)に登録されます。

個人再生とは?

裁判所に申し立てを行う債務整理手続きです。

任意整理よりも借金の減額率が大きく、自己破産のように住宅やマイカーを手放すこともありません。返済額の減額を行うことで、現実的な借金返済計画を新しく立てることを目的としています。金融事故として扱われるので、信用情報機関の金融事故者情報リストに登録されます。

自己破産とは?

裁判所に破産申立書を提出し、裁判所の判断により免責許可が発行されれば借金返済が免除される手続きです。ほぼ全ての財産の処分を求められ、借金の保証人に請求が回る場合もあります。

浪費やギャンブルが原因の借金は免責不許可事由として免責されず、また公共料金なども支払い義務が残ります。金融事故として扱われるので、信用情報機関の金融事故者情報リストに登録されます。

債務整理後でもクレジットカードは作れるのか?

既に紹介したように、過払い金請求以外の債務整理を行うということは「信用情報機関の金融事故者情報リストに登録されてしまう」ということです。このブラックリストに登録された時点で、所有しているクレジットカードの発行企業から退会手続きを求められます。

退会手続きに応じない場合でも、クレジットカードの使用停止処分を取られてしまうので、結果的にクレジットカードは使用不能となります。

また金融機関からの新たな借り入れや、クレジットカードの発行を行おうとしても、「ブラックリストに登録されている」という理由から審査に通過することができなくなってしまう傾向にあります。

一般的にはクレジットカード発行時に行われる審査の難易度の高さは、次に挙げる順番になっているようです。

  • クレジットカードブランドの発行するプロパー・カード
  • 銀行系カードローンのクレジットカード
  • 信販会社系の発行するクレジットカード
  • 流通、物販系企業の発行するクレジットカード
  • 消費者金融系の発行するクレジットカード

プロパー・カードが最も審査が厳しく、消費者金融系の発行するものは緩い傾向にあるといわれています。まれに「債務処理後でもクレジットカードを手に入れることができた!」という話をインターネットで目にすることもありますが、基本的には不可能だと考えるべきでしょう。

デビットカードを選択する理由とは?

ブラックリストに登録されたからといっても、全てを現金決済ですませるのは大変なことです。

インターネットショッピングなどではクレジットカード決済が一般的ですし、クレジットカードでしか支払いができないサービスも存在します。

デビットカードにはクレジットカードブランドのロゴが付いているので、「クレジットカードと同じものなのでは?」と思っている方もいる方も多いかもしれませんが、クレジットカードとデビットカードは全く異なる金融サービスを行っています。

双方のサービスがどのようなものなのかを理解するために、簡単にクレジットカードとデビットカードの違いや特徴を説明します

クレジットカードのシステムとは?

クレジットカードの機能には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が設定されており、与えられた金額の枠内であれば、クレジットカードの引き落とし口座に現金がない場合でも、信用取引として枠内の金額で商品購入の支払いやキャッシングなどのサービスを受けることができます。

これは、クレジットカード発行企業が一時的に料金の立替を行ってくれているためです。つまり、「クレジットカード発行企業から借金をしている」状態といえます。またクレジットカードは、分割払いやリボ払いなどの機能も備えています。

そのため、クレジットカード発行の際には審査が発生し、審査を通過した場合のみカードを手に入れることができるのです。

デビットカードのシステムとは?

店頭やインターネットでの商品購入などに利用できるデビットカードは、一見クレジットカードのように見えますが、これは支払い機能を持っている「キャッシュカード」です。通常キャッシュカードはATMで現金を引き出すことしかできませんが、デビットカードの場合はクレジットカードブランドと提携することで支払いの際に使用できるようになっています。

ただし、クレジットカードのような貸付の機能を持っていないため、預金口座内の金額以上の利用はできないのが特徴です。貸付の必要がないことからクレジットカード発行企業の審査を受ける必要もなく、手続きを行えば簡単に発行されます。

このように、デビットカードにはプラスチックマネーとしての決済機能は備わっているものの、貸付機能はありません。そのため、クレジットカードのように、「絶対に支払えないような金額のものをうっかり買ってしまった」というトラブルも防ぐことができます。

債務整理後に選択すべきカードとは?

キャッシュレス化が推し進められている現代社会で、カードを持たずに生活を送るのは何かと不便を感じるものです。

債務整理後にクレジットカードを手に入れる方法として、ブラックリストに登録されていない家族にクレジットカードを作ってもらい、家族カードの発行を受ける方法や、比較的審査が柔軟であるといえる消費者金融系のカードを1社に絞って申込みしてみるといった方法があります。

ただし、申込み状況は金融機関の間で共有されていますから、1度に複数のカードの申込みを行うと審査担当者の心証が悪くなり、審査を通過できなくなる可能性が上がるので注意しましょう。

デビットカードのメリットを最大限に活かして利用する!

クレジットカードの分割払いやリボ払い、キャッシング機能は確かに便利な機能だといえますが、新たな債務の原因に繋がってしまう可能性も隠し持っている、危険な存在でもあります。デビットカードの使用方法は一般的なクレジットカードと同じであることは既に紹介しました。

クレジットカードの便利な機能が省かれていることや、新規発行時の審査がないことは最大の魅力といえるでしょう。

「口座内にある金額しか利用できないのがデビットカードのデメリットだ」と感じる方もいるかもしれませんが、自分の持っている金額以上の消費を行うことは新たな債務の原因になりかねませんから、デビットカードの機能で生活を送っていくのが無難です。

ブラックリストに登録されている期間中でも発行できるデビットカード。現金払い以外の決済スタイルを手に入れることで、債務整理後も便利な生活を送ることができるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

成長因子 育毛