このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 債務整理ってなに?借金返済に困った時の上手な解決方法!

債務整理ってなに?借金返済に困った時の上手な解決方法!

99view

2018.01.16

債務整理とは

借金がある人は借金を繰り返しやすい

債務整理と聞くと難しく感じますが、借金の返済に困っている人の救済措置と考えればイメージしやすくなります。貸金業者から借金をしている人は、毎月決まった返済日にきっちりと返済しなければなりません。

この返済が滞ってしまうと催促の連絡が来るので、家族や会社に借金をしていることがバレてしまう可能性があります。借金があることは誰にもバレたくないので、何とか返済を遅らせないようにしています。そのため借金がある人は一度返済をしてから、さらに新たに借り入れるといった状況を繰り返すことが多いです。

そのため利息だけを何とか返済するようになります。とにかく返済日にはきっちりと返すことだけが目標となってしまうので、利息ばかりを返済して元金が減らない状態が続いてしまうのです。

借金の返済が困難な人の救済措置

債務整理は借金の返済が困難な人に対しての救済措置として、その人に合った返済計画や借金の減額を行うことができます。債務整理にはそれぞれ種類があるので、最適な方法で借金を減らして再出発をするきっかけを作ることができます。

債務整理をするときには、弁護士や司法書士に相談をすることが多いですが、自分で行うことも可能です。それぞれの人に合った方法で、借金の返済に困った人が再生するきっかけを作ることができる救済措置となります。

債務整理の種類

任意整理

債務整理の中でも利用する人が多いのが任意整理です。任意整理を行うことによって借金の元金を減らすことは難しいですが、利息をカットすることができますので、借金の返済総額を減らすことが可能となります。

任意整理は弁護士か司法書士に相談をして、自分に無理のない返済計画を立てて、貸金業者に和解を申し込みます。貸金業者からすれば、返済が困難な人には利息をなくしてでも元金は返済してもらいたいので、返済計画を受け入れて和解に応じてくれます。

場合によっては返済計画に応じてもらえないこともあるので、何度も利用できる方法ではないので注意が必要です。任意整理をすることで毎月の返済額を減らすことができるので、無理のない返済計画で借金の完済を目指せます。

デメリットとして7年程は新規クレジットカードが発行できなくなり、現在使っているクレジットカードも突然利用できなくなる恐れがあります。任意整理後はクレジットカードが使えませんが、現金での生活によって計画的な生活を送ることができるようになります。

特定調停

特定調停は任意整理と似ている部分が多いですが、費用・時間・強制執行の点において違いがあります。費用に関しては弁護士に相談せず自分で行うことによって、弁護士への費用分だけ減らすことができます。

一般的に着手金として1社いくらと決めていることが多いので、その分だけ減らすことができます。手間に関しては自分で出廷しなければならないので、仕事をしている人には非常に厳しいかもしれません。

任意整理はすべて弁護士や司法書士に任せることができるので、時間と手間を考えると費用は高くても、弁護士にお願いする人が多いです。

給料が差し押さえられている状態のときには、強制執行停止の申し立てができます。任意整理ではできない制度なので、切羽詰まった状況では助かる制度といえます。

個人再生

マイホームがある場合に大きな借金を背負ってしまうと、家を売って借金の返済にあてることもあります。しかし家を売っても借金が完済できなければ同じですし、賃貸に住めば賃料も増えてしまいます。

住宅ローンが残っていれば、家がないのにローンだけ払い続ける状態となってしまうでしょう。借金・賃料・住宅ローンの支払いをすることになれば、より悪化した状況となるので、マイホームを手放すことなく借金の減額ができればそれが一番です。

個人再生をすることによって、住宅ローンを除いた借金額を大幅に減らすことができるようになります。費用は高く原則3年間で返済をしなければなりませんが、家を手放すことなく大幅に借金を減らすことができるメリットがあります。

自己破産

借金の返済に困ったら自己破産をするというイメージを持っている人は多いかもしれません。自己破産は債務整理の方法のひとつではありますが、借金返済の最終手段という位置づけになります。

自己破産をすることによって財産はすべて処分されてしまいますが、大きな借金を背負ってしまったときには、返済義務がなくなることは大きなメリットとなります。

ギャンブルだけで作った借金であれば、自己破産できないケースもありますが、事業に失敗して作った借金であれば、自己破産によって支払い義務をなくすことができます。自己破産した情報が残ったり財産を処分されても、返済不能な借金を背負うことがなくなるので、最終手段として大きなメリットがあります。

債務整理をする方法

自分で手続きをする

債務整理をする方法としては、自分で手続きをすることもできます。特定調停など、自分で手続きをすることで大幅に費用を減らすことができますが、仕事をしている人にとっては難しい方法です。

手続きも複雑ですし和解をするときにも相手が応じない可能性もあるので、よほど詳しいか自信のある人でなければ難しいといえます。一般の人には難しい手続きも多いので、弁護士に相談した方が安心です。

弁護士や司法書士に相談する

債務整理をするときには弁護士か司法書士に相談をすることで、安心して最後まで任せることができます。基本的には債務整理をしたいと思ったときに、無料で債務整理の方法を相談します。

任意整理の場合には自分が返済できる金額を伝えて、5年までの返済計画を立てることができます。返済計画を相談したあとは、弁護士が貸金業者へ和解案を申し込みます。

手続きや交渉もすべて弁護士が行ってくれるので、基本的には連絡があるまで待機することになります。そのあとは返済計画に従って返済を行うことになります。個人再生や自己破産をするときでも、複雑な手続きはすべて弁護士にお任せすることができます。

弁護士に相談するメリット

難しい手続きや交渉を弁護士が行ってくれる

弁護士に相談するメリットとしては、複雑な手続きなどもすべて弁護士が行ってくれることです。弁護士に支払う費用はかかりますが、分割での支払いも可能です。

複雑な手続きもありますし、出廷や交渉することを考えると、手間と時間を考えれば弁護士費用を支払った方が安心できます。和解案など自分で貸金業者に申し込みに行くと、なかなか和解できないケースもあります。利息などトータル的に考えれば弁護士費用を支払っても、安く安心して済ませることができるのでお得です。

困ったときに相談できると安心できる

借金の返済に関しては誰にも相談することができずに、一人で悩んでいる人も多いです。毎月の返済日に何とか返済をすることだけを考え、利息だけの支払いが精一杯だと借金も減りません。何年も減らない借金に焦りと不安を感じても、相談することができずに悩んでしまいます。債務整理を決断することによって、弁護士に相談することができる安心感があります。

誰にも相談できずに悩んでいたのに、弁護士に相談することで気持ち的にも楽になります。借金が減らずに将来に希望を持つことができなかった生活から、借金をなくすことができるきっかけを作ることができるのです。困ったときに弁護士に相談できるのは心強く、大きなメリットといえます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

成長因子 育毛